Stabile Center with Perforated Metal Ceiling
ProxyとMarble Fairbanksによるコロンビア大学ジャーナリズム・スクール内にあるStabile Center(ニューヨーク)

Proxy は建築からソフトウェアの開発までといった幅広い創作活動を行うデザイン・グループである。

主な特徴として、建築とソフトウェアを同時に製作しながらデザインすることによって、両者が持つさらなる可能性を具現化するための的確なツールと柔軟性の高いシステムにより、我々はハイ・パーフォーマンスな、環境と共存できる新しいものづくりを実現しようとしています。
Residential project in Tokyo with N Maeda Atelier

デザインとはSearch(探す)

Proxyではデザインの質をあげるためのツール制作に力点を置いています。案を何通りか検討することは何も新しいことではありません。しかしコンピューターによってこれまでとは比べ物にならないほどの高解像度(人間が追うことのできる何千倍もの)解析を得ることのできます。このことはデザインのプロセスの範囲を選択豊富なものとするばかりでなく、価値あるフィードバックとコンティンジェンシー(代替のアイデア)を与えてくれます。プロキシはそのような膨大な可能性の世界(Search Space)の中をSearchすることによって、さらに目的にかなった質の高い解を導き出すことをデザインの本髄とします。

アルゴリズミック・ツールによる空間プランニング

永続性(サステーナブル)

次世代の構築物は環境との共生関係を進化させていくでしょう。Proxyはエネルギーを、物質世界を理解するためのキー的パラメーターとして考えています。我々Proxyは自然環境とポジティブに共生できる建物、プロダクトを創り出します。Proxyは最初のデザインの段階からサステーナブルであることを主眼におき、デザイン・ツール(コンピューター・シュミレーション)によって、エネルギー効率、スマート・システムそして日照デザインといった環境との関係を考えます。
Solar Insolation Analysis from Ecotect
日照デザインのための環境モデリング

新しい製作法

ニューヨーク大学のアドバンスト・メディア・スタジオ内装デザイン(ニューヨーク)
Proxyはコンピューター制御(CNC)、コンピューターを使ったデザインを駆使することによって、これまでのものづくりのやり方に革新を与えるような分野にも活動を広げてきました。この飛躍的な工法の普及によって、きめ細かくデザインされた非標準的な構造物(カスタム型)や環境に高度に適応することのできる建築が可能となりました。Proxyではこの今までにない新しい機材を利用し、建築構造物のプロトタイプ、試作品を製作することができます。
Proxyのメーリング・リストに参加されたい方。最新情報、イベントなどのご案内を定期的にご連絡差し上げます。

Warning: include(email.php) [function.include]: failed to open stream: No such file or directory in /home/content/p/r/o/proxyarch/html/index_j.php on line 116

Warning: include() [function.include]: Failed opening 'email.php' for inclusion (include_path='.:/usr/local/php5/lib/php') in /home/content/p/r/o/proxyarch/html/index_j.php on line 116

iPhone App Flock 3D

iPhone

デザイン活動と平行してProxyではiPhone用のアプリケーションをディベロップしています。Proxyでは、今後建築家やデザイナーは新たなハードウェアとソフトウェアを創作活動に用いることによって大きく創作という行為を向上、そして進化させると考えます。Proxyのディベロップしたアプリケーションをもっと詳しく知りたい方はiPhoneページへ。
 
iPhone App Flock 3D

Proxy Log

Proxyでは毎年デザイン・ジャーナルを出版しています。プロセスのスケッチ、写真、レンダリング、エッセイといった。この本はデータ・ベースを利用し、アルゴリズムによって制作されています。ご購入されたい方、もっと詳しく知りたい方はProxy Log Databaseページへ。210ページ、15.24mm x 22.86mm、$21.20 lulu.comにて。
 

リサーチ

計画と方針決定のための関係性モデリング
我々は建築テクノロジーのリサーチとディベロップメントを我々の使命と考えます。Proxyはこれまでのものづくりのやり方に革新を与えるためにソフトウェア、ビルディング・システムそしてデザイン手法を開発しています。

詳しくはResearchページへ
 

教育

マーク・コリンズと長谷川 徹はコンピュテーションとコンストラクションに関する大学院レベルのセミナーとリサーチを担当しています。これらのコースはProxy Wikiを用いて進められています。

詳しくはProxy Wikiページへ
 
コロンビア大学大学院建築学科のセミナー、Search Advanced Algorithmic Designのコース・ワーク